洋弓部(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

洋弓部

 1959年、日岡邦夫、秦井登、那谷吉彦、東山禎仍らが、顧問に小嶋吉雄教授を迎えて洋弓クラブを結成した。
68年、部に昇格。
関西学生アーチェリー連盟を設立するなど関西学生アーチェリー界の発展に寄与してきた。

 主な戦績は1960年全国制覇、以後全国制覇3回、関西制覇6回を数える。
全日本学生アーチェリー個人選手権(インカレ)優勝者は62年岡橋元明、68年福嶌路子、75年辻紀子、進藤紀代子。
関西個人選手権では81年川西知恵、83年には進藤が個人優勝、同時に団体も制した。
進藤は翌84年には関西個人選手権、全関西アーチェリー選手権、インカレに優勝した。
Archery World Championship(アーチェリー世界選手権)には75年峯登志子が出場、85年進藤はアーチェリー全米選手権で9位となるほか多くの世界大会に出場し活躍した。

【文献】『洋弓部結成10周年記念号』;『洋弓部結成21周年記念パンフレット』;『関学洋弓部30年の歩み』1988;『関西学院大学洋弓部40年間の歩み』1998;『関西学院大学洋弓部50年間の歩み』2008