アトレー,N.W.(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

アトレー,N.W.

Utley,Newton W.

1860.5.17~1929.5.24

アトレー,N.W.

アトレー,N.W.

初代普通学部長、チャプレン、アメリカ・南メソヂスト監督教会宣教師。
ケンタッキー州出身。
関西学院憲法の起草に関わった学院創設時の重要な人物の一人。
1887年南メソヂスト監督教会メンフィス年会で教職試補となり、刑務所のチャプレンを務める。
88年に宣教師として来日し、日本で按手を受ける。
91年9月まで関西学院で2年間働く。
その後病気のため一時帰国。
93年再来日し、南美以教会神戸部会大阪西部巡回区(circuit)で主任伝道者として伝道に従事。
96年に帰国。

【参照】I 137