陸上ホッケー部(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室 2014年9月28日 更新 ]
関西学院事典

陸上ホッケー部

 男子部は1953年に創部。
60年代に全盛期を迎え、関西1部リーグに属し、学生ホッケーを常にリードしてきた天理大学とともに、関西ホッケー界の上位常連校として学生ホッケーをけん引する役割を担ってきた。
過去の戦績は、関西学生リーグ優勝3回、全日本学生ホッケー選手権大会準優勝1回。
90年代前半から2000年代前半は、推薦入学者、高校ホッケー経験者のみで構成されている1部リーグの強豪に押され気味となり、98年に一度1部リーグに昇格するも、関西2部リーグに属するようになる。
その後、2006年の関西学生ホッケー春季リーグで1部昇格を果たし、08年に全日本大学ホッケー王座決定戦に初出場、12年に王座で初となる勝利を収める。
同じく12年には春季リーグの得点王、全日本学生ホッケー選手権大会の優秀選手賞に2名選出されるなど活躍を果たしている。
現在はスポーツ推薦者と未経験者を合わせたチーム作りで、常に謙虚さ、感謝の気持ち、反省を忘れずに強豪校に勝ち全国ベスト4以上を目指している。

 女子部は1名の帰国生徒が、海外の高校の授業でホッケーを体験したことをきっかけに、帰国後の2002年同好会として創部した。
ゼロからのスタートであったが、周囲のホッケー団体からの支援に恵まれ、10年度より神戸三田キャンパス唯一の体育会として活動を開始。
「フリーランニング」をモットーとし、経験者と初心者混合のチーム作りを目指している。
近年では、春季、秋季リーグ共に決勝リーグに駒を進め、12年には全日本大学ホッケー王座決定戦ベスト8、全日本学生ホッケー選手権大会ベスト16という結果を残した。
日々、全国ベスト4を目標に活動している発展途上のチームである。