アームストロング, R. C.(関西学院事典)

[ 編集者:学院史編纂室       2014年9月28日 更新  ]

関西学院事典

アームストロング, R. C.

Armstrong, Robert Cornell

1876. 4. 3~1929. 10. 26

アームストロング, R. C.

アームストロング, R. C.

高等学部長、カナダ・メソヂスト教会宣教師。
カナダ・オンタリオ州オタワ市郊外に生まれる。
ヴィクトリア大学(B.A.)を卒業後、1903年に来日し、静岡、浜松、金沢の各地で伝道に従事。
トロント大学でM.A.,Ph.D.の学位を取得し、12年以後、関西学院普通学部普通科および高等学部で英語、哲学、神学を教え、第2代高等学部長を務めた。
常に“Kwansei Gakuin depends upon you.”と学生に呼びかけ、自覚を促したことは有名であるが、大学昇格の大学委員会委員としても尽力した。
20年以後、本郷にある中央会堂で学生伝道に携わり、青山学院では神学を講じた。
日本の思想や宗教に関心を向け、日本アジア学会で二宮尊徳や大乗仏教に関する論文Ninomiya Sontoku, the Peasant Sage、The Origin of Mahayama Buddhism from Japanese Sourcesを発表し、また、Light from the East : Studies in Japanese Confucianism(1914)、Progress in the Mikado's Empire(1920)、Buddhism and Buddhists(1927)、An Introduction of Buddhist Sects(1950)などを著した。
29年10月26日、関東大震災後復興した中央会堂献堂式の前夜、心臓発作により急逝。
青山霊園外人墓地に眠る。

【参照】Ⅰ 272,342