チュラロンコン大学経済学部(タイ王国)と関西学院大学経済学部
連携協力に関する協定 調印式

[ 編集者:広報室  2019年7月9日 更新  ]

7月17日(水)11時30分~ 西宮上ヶ原キャンパスで


 関西学院大学経済学部(学部長:豊原法彦教授)は、タイ王国のチュラロンコン大学経済学部(学部長:Worawet Suwanrada教授)と7月17日(水)、「高等教育の国際化に向けて、両者の関係を強化し、教育、研究、その他の学術的および文化的交流を発展させる」ことを目的に、連携協力に関する協定を締結します。ご多用とは思いますが、取材のご参考にしていただければと思います。

 チュラロンコン大学は、タイ王国ではもちろん、アジアでも有数の大学です。その経済学部と関西学院大学経済学部が交流し発展していくことは、お互いの国の理解を深め、両国の将来の経済社会にとっても有益と考えられます。すでに本年5月には、お互いの学生の交流プロジェクトが大阪で実施されました(下記リンク参照)。
 今後も、学生の交流を継続しながら、お互いの大学の学生の受け入れについても、検討します。将来的には、学術的な交流にも発展させていこうと考えています。


【チュラロンコン大学経済学部と関西学院大学経済学部との連携協力に関する協定調印式】
■日 時:7月17日(水)11時30分~
■会 場:関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス 経済学部棟2階会議室
     (西宮市上ヶ原一番町1-155)
■式次第:・出席者紹介、協定締結の趣旨説明、協定書への署名、写真撮影
     ・チュラロンコン大学 経済学部長 Worawet Suwanrada教授 挨拶
     ・関西学院大学 経済学部長 豊原法彦教授 挨拶
     ・質疑応答

5月の学生交流プロジェクト

関連ページへのリンク