サイバーエージェントと産学連携を開始
~総合政策学部・角谷 和俊教授

[ 編集者:広報室  2019年6月19日 更新  ]

ユーザーの行動履歴を踏まえた簡易地図によるルート推薦をテーマに


 関西学院大学総合政策学部メディア情報学科の角谷 和俊教授(社会情報学研究センター長)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード 4751)における人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」と共同研究を開始しました。
 
 スマートフォンの普及によりオンラインとオフラインを横断したユーザーの消費行動が促進されたことで、実店舗において商品・サービスの提供を行う企業では、位置情報を活用したジオターゲティング広告の活用が増加しております。また、ユーザーの閲覧履歴をもとに、興味関心の高い最適な広告クリエイティブを自動的に生成するダイナミッククリエイティブは、クリックやコンバージョンを促進すると注目されており、購買率向上が期待できることから、広告クリエイティブの自動生成や表記手法の開発需要が高まっております。
このような背景のもと、角谷教授とAI Labは新たに「ユーザーの行動履歴を踏まえた簡易地図によるルート推薦」を研究テーマとし、最適なルート推薦を行うロジックの研究や実装に向け、研究・開発を開始することになりました。

 角谷教授は、Webコンテンツ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、デジタル放送など様々なメディアを利用した社会情報基盤とそのアクセス環境を実現するための社会情報サービスの構築手法およびその要素技術を専門分野として、高い実績を挙げています。今回の共同研究では、店舗など目的地までの簡易地図をユーザーの行動履歴を踏まえて自動生成し、ユーザーが閲覧する広告クリエイティブ上へダイナミック表示させることを目指すことになります。地図上に表記するランドマークもユーザーの行動履歴を基に変更することで、ユーザーは広告クリエイティブを閲覧した際に、店舗など目的地まで向かう最適なルートを容易に把握することが可能となり、実店舗への来店数の増加が期待されます。

 詳しくは、下記の報道資料をご覧ください。