バイオロボティクス研究会講演会
「脳活動及び身体機能の相互理解とロボティクス・リハビリテーションへの応用」

[ 編集者:広報室  2019年3月19日 更新  ]

3月25日(月)14:00~18:30 大阪梅田キャンパス

 
 関西学院大学は3月25日(月)、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門バイオロボティクス研究会が主催する講演会「脳活動及び身体機能の相互理解とロボティクス・リハビリテーションへの応用」を共催いたします。本学で進める「歩行における脳活動と筋活動の相関に基づく新しい健康維持促進とリハビリテーション技術の創生」をテーマにしたプロジェクトの一環です。

 一般の方も傍聴可能です(無料)。行事案内等への掲載、あるいは取材をご検討いただければ幸いです。


No.19-27バイオロボティクス研究会講演会
「脳活動及び身体機能の相互理解とロボティクス・リハビリテーションへの応用」
【日時】 2019年3月25日(月)14:00~18:30
【場所】 関西学院大学梅田キャンパス 14階 1406室

◆特別講演(14:00~16:00)
細田耕・大阪大学基礎工学研究科教授「筋骨格ロボットを用いた身体的知能の構成論的理解」
われわれが生み出す知的な振る舞いには、筋骨格の構造が大きな影響を与えていますが、人間の観察だけではその影響をはっきりさせることが困難です。このような身体知能をロボットによって構成的に調べる方法についてお話しします。
長谷公隆・関西医科大学リハビリテーション科診察部長「片麻痺歩行のリハビリテーション戦略」
片麻痺歩行再建の成否は、麻痺肢の機能回復を誘導する感覚情報を患者に処理させることができたか否かで決定します。歩行課題を提供するロボットに求められる役割について、運動学習理論に基づいて考察を加えます。

◆「私立大学戦略的研究基盤形成」採択プロジェクトの最終報告会(16:15~18:15)
関西学院大学バイオロボティクス研究センターに所属する理工学部の嵯峨宣彦教授、中後大輔教授、工藤卓教授、田中靖人研究員が登壇。脳科学、人間支援、リハビリテーションなどシステム応用した研究成果を中心に、研究プロジェクトの最終報告を行います。

※参加無料。一般の方の事前申込の必要はありません。