地域の子どもたちを招いて「アカデミックディ(学びのお祭り)」

[ 編集者:広報室  2019年3月4日 更新  ]

プログラミング体験や英語、音楽などを楽しもう

3月9日(土)10:00~12:00 西宮聖和キャンパス

 関西学院大学教育学部の学生が3月9日(土)、西宮聖和キャンパスのラーニングコモンズ「リプラ」で、地域の子どもたちを招き、「アカデミックデイ」を開催します。5種類のワークショップを用意し、幼児期から小学校段階までの子どもたちが学生たちと一緒に楽しみながら学んでもらう「学びのお祭り」です。
 文部科学省の新指導要領にも記されている「主体的・協働的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」の一つのあり方を、実際に体験してもらおうと昨年から始めた企画です。「プログラミング」「初等英語」「環境教育」などの新しい教育内容を中心に、音楽教育や幼児教育、キリスト教保育といった関西学院大学ならではのテーマで取り組むもので、保育士や幼稚園教諭、教員を目指す教育学部生が主体的に企画・運営します。
 ご多用とは思いますが、ぜひ取材をご検討いただくようお願いいたします。

【アカデミックデイ】
■日時:2019年3月9日(土) 10:00~12:00
■場所:西宮聖和キャンパス 2号館 ラーニングコモンズ「リプラ」
     (兵庫県西宮市岡田山7-54)
■ワークショップ内容
 A【ゲームの仕組みを解き明かそう】対象:小学校5・6年生 15名
  「プログラミング的思考」について分かりやすく学んだ後、ビジュアルプログラミング言語SCRATCHを使い、実際にプログラミング体験を行います。
 B【英語をしゃべってみよう】対象:小学校:4~6年生 20名
  英語に苦手意識がある子でも大丈夫。簡単な英語でも伝えたい気持ちがあれば会話ができるという楽しさを体験します。
 C【音楽をみんなで作ってみよう】対象:小学校1~3年生 20名
  普段触ったことのない楽器にも触れ、音楽の世界を楽しみます。音符が読めなくても、みんなのイメージを音にして楽しめます。
 D【着せ替え絵本づくり&イースターの遊び】対象:4~5歳 20名
  キリスト教の大切なお祭りイースターについても、お楽しみのゲームを通して学べます。
 E【虫にいっぱいいっぱい興味を持とう】対象:小学校1~4年生 20名
  虫取り網ではなく、「吸虫管」を使って虫を捕まえて観察します。

 ※取材に関するお問い合わせは、関西学院広報室までお願いいたします。

アカデミックデイ案内

PDFファイル[ 718.70KB ]