~網膜剥離 手術後~ 眼球内にシワが存在、視界のゆがみの原因に

[ 編集者:広報室  2019年2月20日 更新  ]

 本学の岡留剛教授、角所考教授(いずれも理工学部教授)、矢切大海理工学研究科生らと、兵庫医科大学・眼科学の福山尚助教、五味文主任教授らの研究グループは共同研究により、裂孔原性網膜剥離に対して硝子体手術を行った患者の手術後にみられる網膜外層のシワを定量的に解析しました。また、このシワが、術後の後遺症である視界のゆがみ(歪視)に影響を与えていることが判明しました。

 本研究成果は、2019年2月20日、国際科学雑誌Natureグループ誌「Scientific Reports」の電子版に掲載されました。
 詳細は以下を参照ください。