「感覚の不思議を体験しよう!」  7/25(水)、8/10(金)井村誠孝 理工学部教授のワークショップ~旧文部省庁舎1階

[ 編集者:広報室  2018年7月6日 更新  ]

 関西学院大学理工学部人間システム工学科の井村誠孝教授が7月25日(水)と8月10日(金)、東京・霞が関の文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)で、ワークショップ「感覚の不思議を体験しよう!」を開きます。井村教授は8月24日(金)まで、同省旧庁舎3階情報ひろば企画展示室で研究成果を展示しており、その関連企画です。
 
 近年広く知られるようになったバーチャルリアリティ(VR)は、機械やコンピュータを使って人工的な感覚刺激を作り出すことができる技術です。人の知覚を錯覚と同じようにうまく「ダマす」ことで、実世界では体験することができないことをバーチャル世界で体験できるようになる、そのような事例を紹介します。



■日時:第1回7月25日(水)14時~15時半(受付13時半) 
    第2回8月10日(金)14時~15時半(受付13時半)
■場所:文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
(交通案内)http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/access/index.htm
■講演&ワークショップ:「感覚の不思議を体験しよう!」 井村誠孝教授(理工学部人間システム工学科)
筆記感が変わるペンなどのバーチャルリアリティシステムや、五感を通じた様々な錯覚を体験していただけます。
■対象:小学生以上
■参加費無料、申し込み不要
 ※第1回、第2回ともに同じ内容です。

同時開催:文部科学省旧庁舎3階情報ひろば企画展示室
井村教授(バーチャルリアリティ学研究室)の研究の一端を、手軽に体験可能なデモンストレーションとして紹介中です。                  
■日時:5月1日(火)~8月24日(金)
■場所:文部科学省旧庁舎3階「情報ひろば」企画展示室(銀座線「虎ノ門駅」11番出口 直結)
■問い合わせ先:TEL 0798-54-6017 関西学院広報室

文部科学省「情報ひろば」

外部のサイトへリンク