クリスティアン・ヴルフ元ドイツ大統領 講演会「激動の時代のドイツ・欧州情勢」

[ 編集者:広報室  2017年11月14日 更新  ]

11月20日(月) 西宮上ケ原キャンパス・関西学院会館で

関西学院大学は11月20日(月)、元ドイツ連邦共和国大統領のクリスティアン・ヴルフ氏の講演会を西宮上ケ原キャンパスで開催します。大学主催の講演会で、教職員・学生が対象ですが、報道関係者の皆様に取材は可能です。
クリスティアン・ヴルフ氏は「激動の時代のドイツ・欧州情勢」をテーマに話します。

日時:2017年11月20日(月)13:30~15:00
場所:西宮上ケ原キャンパス・関西学院会館
対象:関西学院の学生・教職員(報道関係の方の取材は可能です)
言語:ドイツ語(日独通訳あり)
主催:関西学院大学
共催:関西学院大学国際学部

クリスティアン・ヴルフ氏経歴:
1986年、オスナブリュック市会議員
1990年、弁護士
1994年~03年、ニーダーザクセン州議会議員
2003年~10年、ニーダーザクセン州首相
2010年~12年、ドイツ連邦共和国大統領
2011年、日独修好150周年の機会に大統領として日本を公式訪問
現在、日独フォーラム委員、欧州北アフリカ諸国連合(EMA)名誉総裁、中小企業世界連盟(GASME)会長