リオデジャネイロ五輪代表選手2名を激励7/16(土) 西宮上ケ原キャンパスで壮行プログラム

[ 編集者:広報室  2016年7月13日 更新  ]

 関西学院大学卒業生でリオデジャネイロ五輪に出場する陸上競技 棒高跳び男子代表・荻田大樹さん(2010年商学部卒)と7人制ラグビー男子代表・徳永祥尭さん(2015年商学部卒)の壮行プログラムが7月16日(土)、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス・中央講堂(125周年記念講堂)で開催されます。関西学院大学 体育会同窓倶楽部(以下、KGAA) 総会内の企画で、関西学院大学・関西学院同窓会・KGAAが共催します。
 壮行プログラム(15時25分頃から)には、荻田大樹さんが出席し、大会に向けて抱負を語ります。(徳永祥尭さんは直前合宿のため欠席)
 なお、壮行プログラム後の16時からは、キャンパス内の時計台前で関西学院大学体育会陸上競技部の現役学生ら総勢180名が荻田先輩の活躍を祈念した壮行の集いを行う。


<2016年関西学院大学 体育会同窓倶楽部 総会>
 日時: 2016年7月16日(土)14:00 ~ 16:00 ※開場 13:00
     *壮行プログラムは15時25分頃から10分程度
 場所: 関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス 中央講堂(125周年記念講堂)


【リオデジャネイロ五輪代表選手プロフィール】

●陸上競技 棒高跳び男子代表・荻田大樹さん(2010年商学部卒)
 関西学院大学3年生時に5m56の日本学生新(当時)を記録し、卒業後はミズノの所属選手として活躍。2013年アメリカのマウントサックリレー(アメリカ)では5m70の自己ベスト記録で優勝、2015年の日本陸上競技選手権大会で初優勝。また、世界陸上競技選手権大会(2013・2015年)には日本代表として2大会連続で出場している。香川県出身。


●7人制ラグビー男子代表・徳永祥尭さん(2015年商学部卒)
 関西学院高等部時にU17日本代表に選ばれたほか、全国高校大会のベスト4を経験。大学進学後もU20日本代表とジュニアジャパン強化選手に選出され、現在は東芝ラグビー部ブレイブルーパスで活躍している。兵庫県出身。