学生が熊本地震の現地ボランティアに!益城町の避難所で引っ越しの手伝いや足湯を設置

[ 編集者:広報室  2016年6月27日 更新  ]

 関西学院大学の学生が、熊本地震の被災地のボランティア活動に出発します。参加するのは有志学生20人と教職員3人。関西学院大学ヒューマン・サービス支援室が「第1回 熊本地震現地ボランティア」として実施するもので、7月1日(金)に大阪南港フェリーターミナルを名門大洋フェリー出発し、4日に戻ります。
 現地には2日に到着。被害の大きい益城町を中心に、避難所での引っ越しの手伝いをはじめ、足湯の設置など、被災者に寄り添った活動を展開します。学生によるボランティア活動は、今後も継続していく予定です。
 これまで関西学院大学では、東日本大震災など様々な被災地で、学生による現地ボランティアを行ってきました。長年、培ってきた経験やノウハウを熊本でも生かしていきます。

■活動場所:熊本県益城町など
■スケジュール:
7月1日(金) 19:10 名門大洋フェリー大阪南港フェリーターミナル集合
        19:50 大阪南港出発
  2日(土) 8:30  新門司港着
        12:00 現地到着 活動開始
        17:00 活動終了
  3日(日) 8:00  活動開始
        16:30 現地出発
        19:50 新門司港発
  4日(月) 8:30  大阪南港フェリーターミナル到着解散