関西学院大学出身の力士・宇良関 化粧まわし贈呈式および記者会見について

[ 編集者:広報室  2016年4月22日 更新  ]

 関西学院大学相撲部出身で、3月30日に新十両に昇進した大相撲木瀬部屋の宇良関(本名:宇良和輝さん 2015年教育学部卒)の化粧まわし贈呈式および記者会見を下記の通り、開催いたします。
 化粧まわしは、関西学院のスクールカラーである青色を地に、新月の校章があしらわれたデザイン。大学と同窓会が記念に制作し、当日、村田治学長や村上一平同窓会会長らから宇良関に贈呈されます。贈呈後、宇良関と関係者による記者会見を行います。
 宇良関は、1992年6月22日生まれ、大阪府寝屋川市出身。京都府立鳥羽高校から関西学院大学教育学部に入学し、相撲部に所属しました。学生時代は、180度の股割りやバク宙を取り入れたマットトレーニングなど独自の肉体改造に取り組みました。第51回全国選抜大学・社会人対抗相撲和歌山大会(2013年)の無差別級では、体重が2倍近い相手を次々と投げ飛ばして準優勝。世界の強豪が集まるWorld Combat Games2013のライトウエイト級(85kg未満)では、準決勝で一回り体が大きいロシア人選手の隙を突いて必殺の「居反り」で、相手を宙に浮かせて頭から土俵に押し付けるなど、会場を沸かせる快進撃で世界一に輝きました。



■日 時:2016年4月28日(木)14:00~15:00
■場 所:ステーションコンファレンス東京 503A会場(JR東京駅 日本橋口直結、八重洲北口改札徒歩2分)
     東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー5F