展覧会「愛新覚羅家の人びと」開催のお知らせ~関学大博物館にて、記念講演会も実施~

[ 編集者:広報室  2015年5月11日 更新  ]

 関西学院大学博物館では、下記のとおり、「愛新覚羅家の人びと—相依為命(あいよっていのちをなす)—」と題した展覧会を開催します。

 関西学院大学は、2013年10月に西宮市在住の福永嫮生さんより愛新覚羅溥傑家に関する手紙や写真、書画などの貴重な資料を受贈しました。愛新覚羅溥傑は、中国・清朝最後の皇帝溥儀の実弟で、「満州国」軍人となり、昭和天皇の遠縁にあたる嵯峨浩と結婚し、二女に恵まれました。嫮生さんはその次女です。     

 今回の展覧会では、戦中・戦後の時代の波に翻弄されながらも、日中友好に尽力した一家の物語を貴重な資料を通してご覧いただきます。 
 また、別紙のとおり展覧会期間中には記念講演会も実施します。

【展覧会】
■会  期:5月18日(月)~7月18日(土)
■開館時間:9時30分~16時30分(入館は16時)日曜は休館。
■場  所:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス 大学博物館


【開催記念講演会(事前申込要)】

①朗読講演 「流転の子 最後の皇女・愛新覚羅嫮生 −語り継ぐ歴史」
■日  時:5月30日(土)13時30分~15時
■講  師:本岡 典子 氏 (ノンフィクション作家)
■場  所:西宮上ケ原キャンパス 社会学部101号教室
②講演会「愛新覚羅家の人びと」
■日  時:6月20日(土)13時30分~15時
■語り手:福永 嫮生 氏 聞き手:本岡 典子 氏
■場  所:西宮上ケ原キャンパス 社会学部101号教室

※いずれも定員300名(定員を超えた場合、抽選で受講者を決定、当落に関わらず通知します)。一般申込可能、無料。

■申込方法(方法1または方法2どちらかの方法でお申し込みください)
【方法1】
往復はがきにご希望の講演会名を明記し、氏名、住所、電話番号、参加希望人数を記入の上、
返信用はがきの宛名に返信先を記入し、下記までご郵送ください。
(1枚のはがきで両講演会申込可・人数は2名まで可)
 宛先 〒530-0047
  大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル14階
  関西学院大学博物館「愛新覚羅家の人びと」講演会事務局(株式会社WAVE内)
【方法2】
以下のURLからWebサイトにアクセスいただき、お申込ください。
■応募締切:①朗読講演→2015年5月20日(水)(往復はがきの場合は必着)
      ②講演会 →2015年6月10日(水)(往復はがきの場合は必着)

講演会申し込みWEBサイト

外部のサイトへリンク