関西学院大学博物館がオープン~西宮上ケ原キャンパス、時計台に開館~

[ 編集者:広報室  2014年9月16日 更新  ]

 関西学院は創立125周年を迎える今月28日に、関西学院のシンボルであり、国の登録有形文化財に登録されている時計台に、新たに「関西学院大学博物館」をオープン致します。

 博物館では「未来への125年 –関西学院のあゆみ−」(2014.9.28〜2014.11.22)と題する展示をおこない、関西学院が所蔵する写真や資料によってその歴史を紹介致します。また、第1回企画展「聖なる光に照らされて −聖書から生まれた美−」(2014.12.1~2015.2.14)では貴重なグーテンベルグの聖書や死海文書断片をはじめ、クリスマスをテーマにした絵画や切手を展覧致します。

 博物館開館セレモニーを下記のとおり開催いたします。
※本セレモニーは一般参加不可。招待客のみ。ご了承ください。

【関西学院大学博物館開館セレモニー】
■日時:2014年9月28日(日)10時30分~
■場所:西宮上ケ原キャンパス 時計台
■出席者:村田治・学長、河上繁樹・博物館長、古川彰・博物館副館長、神田健次・学院史編纂室長他。