関学大と大阪府教育委員会が包括協定に調印 ~グローバルリーダー養成の教育プログラムを充実~

[ 編集者:広報室  2014年4月30日 更新  ]

 このたび、「関西学院大学と大阪府教育委員会との連携に関する協定」の調印式を2014年4月30日(水)に大阪府庁別館におきまして執り行うこととなりました。関学大の大阪府立高校への「グローバル教育を中心とした多様な学習機会の提供」、「関学大の学生による学校教育活動への支援の推進」、「教育・研究の諸課題に対する調査研究」などの連携事業を包括協定の締結により実施するものです。

 文部科学省は、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを育成することを目的に2014年度(平成26年度)、グローバル人材の育成に関する教育課程の研究開発を行う高等学校を新たに「スーパーグローバルハイスクール」に指定し、国内外の大学や企業、国際機関等との連携による質の高い教育課程等の開発・実践やその体制整備を支援することになりました。

 「グローバル・リーダーズ・ハイスクール」に専門学科を設置するなどグローバルリーダーの育成に向けた先進的な取り組みを行ってきた大阪府の高等学校からは、北野高校、三国丘高校がこのスーパーグローバルハイスクールに指定されました。
 包括協定にもとづき、関学大はこの2校への「授業提供などの教育連携」、加えてこの事業で開発される課題研究プログラムに対する教育学的手法による「生徒の成長の評価」に参画することになります。
 
 関学大は「世界市民の育成」として社会に貢献する人材の育成をミッションに掲げ、文部科学省の世界展開力事業、グローバル人材育成推進事業に採択されています。「先進的なグローバル教育」に取り組む大阪府教育委員会と、「国際化に重点を置く大学」である関学大がこの包括協定を機に連携して、グローバルリーダー養成の強化に貢献いたします。

「関西学院大学と大阪府教育委員会との連携に関する協定」調印式

■日時:2014年4月30日(水)17時~18時
■場所:大阪府庁別館 6階 委員会議室(大阪市中央区大手前2丁目)

■調印式出席者:
 ●大阪府
    中原徹・大阪府教育長
    津田仁・大阪府教育委員会教育監
    丸岡俊之・大阪府教育委員会教育振興室長 ほか
 ●関西学院大学
    村田治・関西学院大学学長
    ルース・M・グル―ベル・関西学院院長
    土井義一・大学事務統轄/学長室室長 ほか