Smartに光の世界へいざない~神戸三田キャンパスで室内型プロジェクションマッピング~

[ 編集者:広報室  2014年4月8日 更新  ]

 神戸三田キャンパスの学生で編成されるアクティブラーニンググループ・機巧堂(からくりどう)が、神戸三田キャンパスのアカデミックコモンズ内で、室内型プロジェクションマッピングを披露します。暗い室内に配置した大小様々な展示物に自作の映像を照らし、室内を360度見渡せる幻想的な光の世界に包み込みます。室内型プロジェクションマッピングは関学大で初の取り組みです。
 今回のテーマは「Smart」。映像は誰もが親しみやすいシンプルな美しさに仕上げ、軽やかな音楽に合わせて投影します。緻密な作業を繰り返して作り上げた渾身の一作です。
 これまで機巧堂が実施したプロジェクションマッピングは地域住民からも人気が高く、過去の作品を再現した関学大校舎の模型も合わせて展示する予定です。

 プロジェクションマッピングとは、建造物の壁面などをスクリーンにして映像を投影して楽しむ人気のパフォーマンス。室内型プロジェクションマッピングは、従来の屋外で大型の映写物に投影するものと異なり、展示物のデザインやレイアウトを自由に行えるため、新しいイメージが生まれやすいと言われている注目の手法です。

【神戸三田キャンパス  室内型プロジェクションマッピング】
■日時:2014年4月14日(月)~18日(金)13時30分~19時
■場所:神戸三田キャンパス アカデミックコモンズ シアタールーム
※一般参加可、無料、予約不要

報道発表データ

PDFファイル[ 396.39KB ]