【在学生】2020年東京オリンピック・パラリンピックボランティア活動への参加について

[ 編集者:広報室  2019年7月17日 更新  ]

 皆様ご存知の通り2020年東京オリンピック・パラリンピック開催にあたり、大会組織委員会は2018年末まで大学生のボランティアを募集しておりました。関西学院大学といたしましては、正課教育のより一層の充実を図ることは当然でありますが、“Mastery for Service”のスクールモットーに沿うものとして、オリンピック・パラリンピックボランティア、特にパラリンピックボランティア活動への参加は意義あるものと考えております。

 大会ボランティアへの応募は2018年12月末に終了しており、登録(採用)されたボランティアに対する事前研修が2019年および2020年に東京および全国各地で開催される予定です。登録ボランティアはこれらの事前研修への参加が義務付けられており、事前研修のためにやむを得ず授業及び定期試験を欠席する場合が生じるかもしれません。

 ついては、ボランティア活動への参加を希望される方は、「オリンピック・パラリンピックボランティア参加届」に必要事項を記入し、ボランティア活動支援センター及び学部・研究科事務室へ提出してください。

 なお、この事前研修やボランティア活動への参加による授業欠席が認められるかどうかについては、授業担当教員の判断によります。また、定期試験欠席による追試験の受験が認められるかどうかについては、各学部・研究科の判断となりますので、必ず学部・研究科事務室に確認してください。   

※「オリンピック・パラリンピックボランティア参加届」は教学Webサービス、ホームページよりダウンロードしてください。