2009.04.20.
次世代育成支援をテーマにシンポジウム開催

 関西学院大学は4月30日(木)、西宮上ケ原キャンパスでシンポジウム「次世代育成支援推進における大学と自治体との連携の意義~伊丹市との包括協定を受けて~」を開催します。
 関西学院大学と伊丹市は今年1月、同市の次世代育成支援施策の充実を図るため、包括的な連携協力を進める協定を結びました。今回のシンポジウムはその協定を受けて開くもので、今春本学人間福祉学部に着任した神野直彦教授(総務省地方財政審議会会長)の基調講演を受け、同教授と藤原保幸伊丹市長、浅野考平本学副学長が登壇。次世代育成支援行動計画を推進するうえで、その重要性や意義、自治体と大学の連携のあり方など、意見を交わします。
 詳細は こちら およびチラシをご参照ください。

チラシPDFリンク