2009.06.30.
紙の分別回収にご協力ください!

 西宮上ケ原キャンパスでは、7月1日(水)から紙ゴミを分別回収し、再生用紙原料としてリサイクルできる仕組みをスタートする。キャンパス内の各建物には、分別回収のための専用の回収BOXを設置する。地球環境負荷の軽減と資源の有効活用が目的。
 同キャンパスでは、毎年約600tの可燃ゴミを排出しており、そのほとんどを焼却処分していた。可燃ゴミの総排出量のうち、3分の1程度が紙類(ダンボール、新聞・雑誌等、OA用紙等)で占められていたが、この紙類をリサイクルすることで、年間可燃ゴミの排出量の20%の削減を目指す。経費削減にもつながる。
 ゴミの詳しい分別方法は上記のとおり。学生、教職員のみなさんの協力をお願いします。