2010.07.23.
講演会『医学教育における動機づけと学習支援』

 経済学部寺本益英研究室は、プロジェクト「スクール・モットーを実践できる学生育成システムの構築」を始めました。
 今回の講演会では、兵庫医科大学の医学教育センターにおける取組を紹介し、いかに学生のやる気を引き出し、どのような学習支援が行っているのかみていきます。
 兵庫医科大学で推進されている医学教育のノウハウを学び、関学における教育の活性化について考えます。

※一般参加可、無料。資料準備の都合上、事前連絡いただけると幸いです。

◆講師 : 鈴木敬一郎氏(兵庫医科大学生化学講座主任教授・医学教育センター長)
◆テーマ : 医学教育における動機づけと学習支援
◆日時 : 8月9日(月) 13時~15時
◆場所 : 上ケ原キャンパス F号館 203号教室

【講演概要】
 私立医大は、良き医療人養成という社会への責任と医師国家試験合格という学生への責任とを両方果たさねばなりません。
 受け身の受験勉強に慣らされた学生に対する動機づけと学習支援に追われる現状を紹介します。

【鈴木敬一郎先生プロフィール】
 現職:兵庫医科大学生化学講座主任教授・医学教育センター長
 略歴
 1982年大阪大学医学部卒業。5年間内科医勤務を経て阪大・医・生化学で研究・教育に従事。
 1999年兵庫医科大学主任教授、2001年同教務部長、2005年より現職。
 (2008年~関学提供科目責任者、2010年関西学院大学理工学部客員教員)

◆申込み・問合せ
経済学部 寺本益英研究室
eメールは こちらから
TEL:0798-54-6469(直通)
FAX:0798-51-0944(経済学部)