2010.07.20.
総合政策研究科リサーチ・コンソーシアム連携公開ゼミナール

 大学院総合政策研究科リサーチコンソーシアムは、4回シリーズで公開ゼミナールを開催する。昨年に引き続き2回目で、講師は総合政策研究科の教員が務める。多彩なトピックスで、参加者と共に「政策学の新たな可能性を求めて-Solution for the future-」をテーマに考える。時間はいずれの回も18時30分~20時30分、大阪梅田キャンパスで。
 参加無料、申込不要。

◆第1回:7月28日(水)「日米同盟の過去・現在・未来」
 講師:柴山 太 教授

◆第2回:10月27日(水)「アジアの都市と関西圏活性を考える」
 講師:上野 真城子 教授、長山 勝英 バリュープランニング・インターナショナル代表取締役社長
 (主催:アジア都市コミュニティー研究センター)

◆第3回:11月24日(水)「オバマ米政権の政策を占う」
 講師:小池 洋次 教授、桜井 祐貴 総合政策研究科生

◆第4回:12月18日(水)「海外人材活用フォーラム in 兵庫」
 講師:大隈 要(研究センター特別研究員)
    関根 孝道(総合政策研究科教授)
 (協力:株式会社ロジックアンドサプライズ)

問い合わせ:総合政策研究科(079-565-7601)

詳細PDFリンク