2010.07.01.
シンポジウム「グローバル社会の国際政策」

 総合政策学部は、5月よりグローバル社会において、日本はどのような役割を果たすべきかをテーマに連続公開講座を6回にわたり実施してきた。その最終回として、下記の通りシンポジウムを実施する。
 シンポジウムでは、政治、経済、国際協力、経営学の専門家が、各視点から、日本の国際政策の方向性について提案する。一般参加可、申込み不要、無料。

■日時:7月7日(水)18時~19時30分
■場所:神戸三田キャンパスVI号館101 号教室
■テーマ:グローバル社会の国際政策~日本の進むべき道~
【パネリスト】
小池洋次教授(政策形成過程論、アメリカ政策研究)
柴山太 教授(英米軍事外交史、日米思想史)
鈴木英輔教授 (国際法、法政策学)
久保田哲夫教授(国際金融論)
古川靖洋 教授(計量経営学、経営戦略論)
■コーディネータ:小西尚実准教授(国際人事政策、能力開発・人材育成)
■定員:600人
■問い合わせ:総合政策学部(079・565・7601)