2010.05.17.
写真展とトークセッション開催―車イス甲山登山と写真同好会を通じて生まれたもの

 人権教育研究室は、写真展&トークセッション「チャレンジと喜び!-車イス甲山登山と写真同好会を通じて生まれたもの-」を開催する。宝塚市の身体障害者療護施設「はんしん自立の家」が企画した車イスでの甲山登山に、関学大・ワンダーフォーゲル部とサークル・UP to YOUが参加。また宍粟市の「はりま自立の家」の写真同好会の活動を、関学・清風寮の学生たちが手伝っていることから実現した。

 写真展は、障害をもつ人の作品や関学生の姿を撮った写真、メンバーのポートレートなど、約80枚を展示。トークセッションでは、企画から関わってきた写真家・古谷桂信さん(関学OB)と学生たち、障害のあるチャレンジャーたちが、活動の始まりや活動から生まれた「喜び」を語る。いずれも一般参加可、無料、申込不要。

■写真展:5月24日(月)13時~5月29日(土)19時(西宮上ケ原キャンパス大学図書館エントランスホール)
■トークセッション:5月28日(金)14時~16時30分(西宮上ケ原キャンパス大学図書館ホール)
  トーカー:車イス登山と写真同好会メンバー、関学OB、石田英子「はんしん自立の家」施設長、古谷桂信(写真家)
  コーディネーター:藤井美和・関学大人間福祉学部教授
■問い合わせ:人権教育研究室(0798・54・6720)