2010.04.23.
文学研究科大学院GP「ヒトの学習の心理学に関する国際シンポジウム」開催

 関西学院大学文学研究科大学院GP事務局主催シンポジウム。
 カナダ、イギリス、スペイン、オーストラリアの各国を代表する著名な学習心理学者を講師として招き、ヒトの学習に関する心理学の最先端研究をテーマにシンポジウムを開催する。
 講師全員がヒトの学習だけでなく動物の条件づけ研究でも多くの業績を残しているため、動物の学習に関心のある方にも参加を呼びかけている。
 なお、通訳はないが、英語スライドと日本語のスライドを同時映写する予定。

■日時:5月18日(火)13時00分~15時30分 
■場所:関学会館1階翼の間
■講師:アンドリュー・G・ベイカー(カナダ・マギル大学准教授)
     ロビン・A・マーフィー(イギリス・オックスフォード大学専任講師)
     ホアン・M・ローザス(スペイン・ハエン大学教授)
     ロバート・A・ボークス(オーストラリア・シドニー大学名誉教授)
■申し込み:不要、無料、一般参加可
■問合せ先:関西学院大学文学研究科大学院GP事務局(TEL:0798-54-6944)

中国基督教協会訪日代表団講演会:「今日の中国におけるキリスト教」( 4/25)News お知らせリンク