2009.12.22.
インターネットを使ったEUのコミュニケーション政策-EUIJ関西招聘者セミナー

  EUは「多様性の中の統一」を実現するため、国家間で協力して政策を立案することを目指している。多種多様な文化、言語を持つことは、公平、自主独立、団結といった民主主義の原則に基づく政策に有利に働く。グローバル化、ネットワーク化が著しい世界の潮流に対応するため、EUはすべての情報へのアクセスを容易にし、とりわけオンラインによる対話形式の双方向通信を活用することで、市民の興味を高め、政策への積極的な参加を促そうと試みている。
このセミナーでは、報告者にイタリアの研究者をお迎えし、ユーザーフレンドリーなインターフェースや市民目線の対話形式に焦点を当て、ポータルサイト” Europa ”を通して形成されたEU像を探る。一般参加可、無料。申し込み不要。

 
●日 時: 2010年1月7日(木)17時~18時30分
●場 所: 西宮上ケ原キャンパス G号館1階 言語教育研究センター会議室
●報告者: クリスティナ・ペナロラ氏(ナポリ・フェデリコ第2大学政治学部准教授) 
●テーマ: 「政策、立法、市民の質疑に関するEU国家同士のインターネット上のコミュニケーションについて」
(EU Communication on the Internet with Regard to Policies,Legislation, and Citizens’ Queries.)
●言 語: 英語
●協 力: 産業研究所、言語教育研究センター
●問い合わせ: EUIJ関西 関西学院大学分室(産業研究所) 0798-54-6127