2009.12.09.
シンポ「平成維新―政策転換のゆくえ―」―総合政策学部新学科開設記念プログラム

 総合政策学部は、新学科(都市政策学科、国際政策学科)の開設を記念したプログラムを今年度、展開している。それらを締めくくるシンポジウム「平成維新―政策転換のゆくえ―」を12月16日(水)に開催する。
 今年8月の衆議院議員総選挙において、民主党は現憲法下で行われた選挙として一党で過去最多の議席を獲得し、9月に鳩山内閣が発足した。明治以来続いてきた政治と行政のシステムの転換をめざす民主党政権のもとで何が変わろうとして、私たちはそれをどのように捉え、行動すべきなのか。多彩なキャリアを持つ同学部教員が、今、最も重要な問題である政策転換のゆくえについて徹底討論する。一般参加可、無料、申込み不要。 

◆日時:12月16日(水)16時50分~19時 
◆場所:神戸三田キャンパスVI号館101号教室

【プログラム】 
●問題提起(基調講演)
 「民主党政権で何が変わるのか―国際情勢も踏まえて」 小池洋次・総合政策学科教授
●パネルディスカッション 
 「平成維新―政策転換のゆくえ―」 
・パネリスト
 長峯純一・ 総合政策学科教授
 加藤晃規・都市政策学科教授・副学長
 村上芳夫・都市政策学科教授
 中野幸紀・国際政策学科教授
 久野武 ・学部長・総合政策学科教授
・司会
 小池洋次・総合政策学科教授

【問い合わせ】総合政策学部事務室(電話:079-565-7601) 

http://www.ksc.kwansei.ac.jp/sps-program/sougousimpo.html 外部サイトへのリンク