2009.12.01.
現代社会における税理士の使命~商経学部開設75周年記念連続学術講演会

■演 題:現代社会における税理士の使命
■講 師:池田 隼啓・日本税理士会連合会・会長
■日 時:12月7日(月)、4限(15:10~16時40分)
■会 場:西宮上ケ原キャンパス B号館304号教室

【講演要旨】
日本の税理士制度の歴史的背景と現在の枠組みを概観したうえで、税理士を取り巻く環境が激変している現代社会において税理士が果たすべき使命について、後輩諸君にメッセージを送りたい。
一、税理士制度の歩み
二、税理士の使命と役割
三、税理士となる資格
四、税理士の業務
五、税理士の活動する分野の広がり
六、税理士の権利及び義務
七、税理士の責任
八、税理士法人
九、現代社会における税理士の使命

【講師紹介】
池田 隼啓(いけだ としひろ)氏 
1960年、関西学院大学法学部を卒業、62年、関西学院大学大学院法律学修士課程修了。同年4月、長谷川会計事務所に入所。翌年、税理士試験に合格し、64年税理士登録、65年1月、池田会計事務所を開業。
その後、近畿税理士会において、常務理事、専務理事、副会長を歴任し、2003年会長に就任。
さらに、日本税理士会連合会において、常務理事、専務理事、副会長などを歴任し、2007年7月より日本税理士会連合会・会長に就任、現在に至る。