2009.11.19.
知って食(ショック)糧から考える環境問題―国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIE主催

国際交流・国際協力支援の推進を目的とした関西学院大学公認の団体 CLUB GEORDIE(クラブジョーディー)主催のイベント。環境問題の中でも「食糧」をテーマに、砂漠化問題と食糧廃棄問題を取り上げる。 今年9月に中国・内モンゴルに行った学生が、現地の様子を報告し、学生同士のグループディスカッションや関学の教員による講演会を実施。世界に目を向け、今一度自分たちの生活を見直し、自分たちができることを考える。

■日時:2009年12月5日(土)13時~16時
■場所:関西学院大学西宮上ケ原キャンパス新学生会館3階会議室9
■参加費:無料(事後交流会参加の場合は、別途実費あり)
■対象:大学生(関学以外の大学生も可)
■プログラム
・スタッフが中国の内モンゴルで実際に見た砂漠化問題の写真や映像を用いて報告。

・グループディスカッション  報告した砂漠化問題を踏まえて、食糧廃棄問題について考える。

・講演会 「食から見た脱ムダ文化」~一人一人の思いやりから世界の問題解決へ~
講師:西本昌二・関西学院大学総合政策学部教授(元UNDP New York本部開発政策局長、元ADB Manila本部戦略局長)

■申し込み方法
メールに名前・学部・学年・メールアドレス・電話番号・交流会参加不参加の旨、イベントに関する質問等を明記の上、cqp80596@ksc.kwansei.ac.jp 村上祐介(総合政策学部3年)
まで申し込む。

締切り:12月3日(木) 定員(100人)になり次第締め切り