2009.10.06.
理工学部教員が慶應大の教員とトークバトルを実施

 関西学院大学ヒューマンメディア研究センター(KHM)は私立大学学術研究高度化推進事業「オープンリサーチセンター整備事業」「愉しみの創造につながる情報処理技術の開発と評価研究」(2004~2009)の最終年度記念シンポジウムとして、慶応義塾大学メディアデザイン研究科(KMD)の教員を招いてKMD vs. KHMトークバトル「ひと・メディア・インタラクション」を開催する。
「ひと」「メディア」「インタラクション」をお題として、メディアにも登場している第一線の研究者による真剣勝負を繰り広げる。

 モデレータ・司会は関西学院大学片寄晴弘教授。パネリストは次の6人。
■慶應義塾大学メディアデザイン研究科
奥出直人教授 、稲蔭正彦 教授、稲見昌彦教授

■関学大ヒューマンメディア研究センター
長田典子教授、河野恭之教授、工藤卓准教授

■日時: 11月14日(土)13時~17時30分
■場所:西宮上ケ原キャンパスB号館102教室
■参加費:無料
■申し込み方法: ヒューマンメディア研究センターのHP から申し込む。
 

大学基準協会より「適格」の認定 News お知らせリンク