2009.10.05.
ボランティアサークルが車椅子登山をサポート

 関学のボランティアサークル「up to you」の学生が10月25日、宝塚市の身体障害者療護施設「はんしん自立の家」で車椅子で生活する入居者をサポートして甲山に登る。毎年秋に実施し、今年で4回目。約50人の入居者は毎年登山を楽しみにしており、今年は4人が登る予定だ。

 サークルメンバーに加えて、関学大ワンダーフォーゲル部も参加。4人で1台の車椅子を担いで、交代しながら登る。担ぎ手だけでなく、「大きい段差があるよ」など声をかける人や荷物を運ぶ人も必要になる。同サークル代表の間原三貴さん(社会学部3年生)は「頂上ではとてもうれしそうな顔をしてくれる。言葉でコミュニケーションをとれない人とも表情で会話ができる。ぜひ一緒に体験してほしい」とサポートメンバーの参加を呼び掛けている。