2009.10.05.
「写真が伝える路上生活」-トークセッションと写真展

 人権教育研究室はビッグイシュー基金と共同で、トークセッションと写真展「写真が伝える路上生活-ストリートを生きる人びと」を開催する。
 「写真」という媒体を用いることで、ストリートを生きる人びとの日常生活にどこまで迫ることができるのか。写真を通じて垣間見える「路上生活」をめぐるリアリティについて考える。一般参加可、申込不要、無料。問い合わせは、人権教育研究室(0798・54・6720)

【トークセッション】
■日時:10月23日(金)15時15分~18時30分
■場所:西宮上ケ原キャンパス大学図書館ホール
■トーカー:佐野章二(ビッグイシュー代表)
      高松英昭(写真家)
      ビッグイシュー販売員の方
■ナビゲータ:阿部潔・社会学部教授

【写真展】
■期間:10月19日(月)13時~23日(金)17時まで
    ※20日(火)~22日(木)は9時~22時
■場所:西宮上ケ原キャンパス大学図書館エントランスホール
■内容:『ビッグイシュー』が今春開催した写真展「大阪”路上”の風景」と、写真家・高松英昭氏がビッグイシュー販売員を写した写真「STREET PEOPLE」。