2009.09.01.
コンバージェンスをテーマに連続セミナー―アカウンティングスクール

 国際会計基準(IFRS)をめぐる様々な問題が最近よく報道されています。企業の国際化に対応するため、我が国でも国際会計基準の導入が検討されています。コンバージェンスが進展すると、これまでの会計・監査はどのように変わるのでしょうか。国際会計基準、時価会計、包括利益という言葉が日常的に使われるようになった現在において、コンバージェンスをめぐる会計・監査上の問題点をわかりやすく解説する。3回シリーズ、参加費無料、事前申し込み不要。

【第1回】 9 月8 日(火)19:00~20:00
「“国際会計基準”って知っていますか?」 講師 : 山地 範明 経営戦略研究科教授

【第2回】 9 月9 日(水)19:00~20:00
「国際会計基準と企業の業績報告」 講師 : 上田耕治 経営戦略研究科准教授

【第3回】 9 月10日(木)19:00~20:00
「コンバージェンス - 会計と監査 - 実務上の課題」 講師 : 吉川郁夫 経営戦略研究科教授

※会場は、いずれも大阪梅田キャンパス1004教室(アプローズタワー10F:大阪市北区茶屋町19-19)

問い合わせ先 : 経営戦略研究科事務室(tel:0798-54-6572)