2009.08.31.
公開研究会「実物とデジタル画像による文化財考察」

 関西学院大学博物館開設準備室では、京阪神の美術館等と連携して公開研究会を開催する。これまでに作製した約1万点の高精細画像を使って、作品の拡大像や類似作品の比較画面を映し出す。そして、ここから浮かび上がってくる「見える」事柄を話し合う場とする。同時に開催されている展覧会で、実物も併せて見ることができる。

<第1回公開研究会>
■日時:2009年9月20日(日)14時~15時30分
■共催/会場:財団法人白鶴美術館
■講師:白鶴美術館学芸課長 山中 理
■題名:高精細画像を用いて「唐時代銀器」の秘密をさぐる


<第2回公開研究会>
■日時:2009年11月14日(土)13時30分~15時
■共催/会場:財団法人黒川古文化研究所
■講師:黒川古文化研究所研究員 川見 典久
■題名:高精細画像でみる和鏡


いずれも展覧会入館者が参加可
■問い合わせ:博物館開設準備室(0798-54-6054)

公開研究会 PDFリンク

吹奏楽部が段上小で特別演奏 News お知らせリンク