2009.04.13.
RCCフォーラム開催「パレスチナとイスラエルの平和―ガザと占領―」

 キリスト教と文化研究センター主催のフォーラム。1967年にイスラエルによるヨルダン川西岸とガザ地区の占領が始まって以来、パレスチナ人は日常的な殺害や移動制限、住居破壊などによって、貧困と絶望の淵に立たされている。
 占領下を生きのび、聖公会の司祭となって平和活動をしてきたパレスチナ人のナイム・アティーク司祭、人類学者でユダヤ人のジェフ・ハーパー博士を講師に迎え、パレスチナとイスラエルの平和について語ってもらう。
 一般参加可、申込み不要、無料。通訳あり。

■日時:4月23日(木)16時50分~18時20分
■場所:西宮上ケ原キャンパスB号館301号教室

フォーラムのチラシ PDFファイル[ 468KB ]