2009.03.02.
学術講演会「種々の手がかりを用いた空間学習の諸相」

 関西学院大学「魅力ある大学院教育」イニシアティブと学術フロンティア推進事業「先端技術による応用心理科学研究」(プロジェクト代表:八木昭宏・文学部教授)が共催する学術講演会。
 アリは餌場から巣まで一直線に帰ることができ、渡り鳥は数千キロの道のりを迷わず移動できる。ヒトを含む動物は空間内の手がかりをどのように使って目的地を探し出しているのか?
 ハト・ハムスター・ヒトにおける空間学習の実験結果を取り上げながら、紹介する。
 参加無料、一般参加可、申込不要。

■日時:3月13日(金)15時~16時30分
■場所:西宮上ケ原キャンパスF号館203号教室
■講師:澤幸祐・専修大学文学部准教授
■司会:中島定彦・文学部准教授
■問い合わせ:心理学研究室(0798-54-6209)

秋学期定期試験前後の学事日程News お知らせリンク