2009.02.27.
近赤外分光法に関する国際シンポジウム開催

 関西学院大学近赤外環境モニタリングシステム研究センターは、大阪梅田キャンパスで近赤外分光法に関する国際シンポジウム「International Symposium on Frontiers of NIR Spectroscopy」を開く。
 講演会には参加費が必要(当日の参加受付可)。懇親会への参加には参加費が必要で、事前申込みも必要。

■日時:3月14 日( 土) 10時~18時30分
■場所:大阪梅田キャンパス(アプローズタワー)
■講演者
Michael Heise 氏(ドルトムント大)、David Burns氏(マギル大)、Yiping Du氏(華東理工大)、Hoeil Chung氏(漢陽大)、Jian-Hui Jiang氏 (湖南大)、Roumiana Tsenkova氏(神戸大)
尾崎幸洋氏(関学大)、田村守氏(北海道大学、中国・清華大学)、土川 覚氏(名古屋大)、佐藤春実氏(関学大)、新澤英之氏(理研)、池羽田晶文氏(食総研)、森田成昭氏(名古屋大)、土肥敦之氏(関学大)、森澤勇介氏(関学大)
■参加費:3,000円(学生無料)
  (懇親会出席の場合は、別途懇親会費6,000円必要)
■懇親会申込み:電子メールで、ozaki@kwansei.ac.jp 宛まで申込む。