2009.02.16.
経済産業省主催「社会人基礎力育成グランプリ2009」の決勝に関学チームが進出!

 経済産業省主催「社会人基礎力育成グランプリ2009」の予選大会が2月10日に東京で開催され、本学で宝塚の地域活性化に取り組む授業「地域フィールドワーク宝塚」の学生チームが見事予選を勝ち抜き、優秀賞を受賞。決勝大会へ進出する。同グランプリは全国の大学生が大学の授業等を通じて「どのような活動に取り組み、どのように成長できたか」発表し、課題発見能力や実行力などの「社会人基礎力」を競うもの。予選大会では40大学の学生チームが発表し、決勝へ進んだのは9校。決勝大会は3月5日に東京のよみうりホール(有楽町)で10時30分から開かれる。
 受賞した関学チームは、今年度の授業で宝塚に新たな呼び物を作ろうと、阪急バス株式会社の協力を得て宝塚の観光名所を巡る「ループバス」の運行を企画。昨年の春から、運行ルート設定やバス会社との交渉のほか、バスのラッピングや車内広告のスポンサー探しからデザインまで手がけるなど準備を進め、11月には実際にループバス3台の運行に成功した。

社会人基礎力育成グランプリ2009