2008.12.12.
12月13日開催 キャリアフォーラム「国際機関で働く」

 関西学院大学は12月13日(土)、西宮上ケ原キャンパスB号館で、キャリアフォーラム「国際機関で働く」を開く。今年で4回目。
 国連開発計画(UNDP)駐日代表の講演や、国連機関などで活躍する関学卒業生らによるパネルディスカッションを実施。また、国連各機関や世界銀行、外務省などの国際機関が、採用プロセスや求める人物像を個別に説明する。将来、国際機関で働きたい人や国際的な視野を広げたい人が対象。一般参加可、無料、事前申込不要。

【プログラム】
■第1部(13時~)
<開会の辞>ルース・M・グルーベル関西学院院長

<基調講演>「危機と機会と国際社会」
講師:村田俊一・国連開発計画(UNDP)駐日代表(関学大総合政策学部教授)

<パネルディスカッション>「国際社会のイメージと現実のはざまで:国際公務員の横顔」
パネリスト:村田俊一・UNDP駐日代表(関学大総合政策学部教授)、織田靖子・国際協力機構(JICA)企画部/公共政策部、白岩正三・豊中市議会議員、西本昌二・関学大総合政策学部教授、コーディネーター:望月康恵・関学大法学部教授

<講演>「国際公務員への道」
講師:伊藤賢穂・外務省総合外交政策局国際機関人事センター室長

■第2部(15時40分~)
<各国際機関によるミニセミナー>
参加機関:国連開発計画(UNDP)、国連教育科学文化機関(UNESCO)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連児童基金(UNICEF)、国連ボランティア計画(UNV)、アジア開発銀行(ADB)、世界銀行(WB)、外務省

キャリアフォーラム2008 国際機関で働くPDFリンク

2006年度クリスマスカードができました。 News お知らせリンク