2008.12.01.
関学生が宝塚でイルミネーションイベント開催

 宝塚の地域活性化に取り組む授業「地域フィールドワーク宝塚」の受講生らが12月20日(土)、宝塚の中心市街地をキャンドルで彩るイルミネーションイベントを実施する。11月中旬から12月下旬にかけて宝塚の市民らが実施するイベント『光のさんぽみち』の一環。
 当日は、学生たちが地元の小学生らと廃油を利用して作ったエコキャンドルやグラスキャンドルなど約6,000個を阪急宝塚駅から宝塚南口駅周辺にかけて設置し、約2キロにわたって「光のさんぽみち」を作り上げる。また、住民らに宝塚への想いをメッセージとして紙に書いてもらい、それをキャンドルに巻いてライトアップする「ラブキャンドル」や宝塚市に関するクロスワードクイズなども実施する。企画を担当する伊藤正孝さん(法2)は「地域の方々と繋いださんぽみちを歩いて夜の宝塚の魅力を再発見して欲しい」と呼びかけている。
 イベントに向け、12月10日(水)には宝塚市立宝塚小学校でエコキャンドル作りを実施する。

【イルミネーション実施概要】
日時:12月20日(土) 17時~20時 ※雨天順延
会場:阪急宝塚駅~宝塚南口駅周辺(花のみち、大劇場前、湯本台公園など)

『現代の総合商社』出版記念シンポジウムを開催-産業研究所 News お知らせリンク