2008.11.17.
ビジネススクールが秋季連続セミナー  資本管理から証券市場分析まで幅広いテーマで

 関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科・経営戦略専攻(ビジネススクール)が開く連続セミナー。
 ファイナンスという言葉は財務や金融といったイメージを持つ人が多いが、急速な理論発展とMBA教育の普及によって、有形、無形資産の価値評価からリスクマネジメントまで経営の場で広く用いられるようになってきた。今話題の統合的な資本管理のほか、ブランド評価、事業再生、証券市場分析を取り上げている。一般参加可、無料、事前申込不要。

【第1回】
日 時:11月27日(木)19時~20時15分
テーマ:「統合的な資本管理とリスクマネジメント―ERMの進展、非常時リスクへの対応について」
講 師:酒井重人(スイス・リー・キャピタルマーケッツ証券会社 在日代表取締役東京支店長)

【第2回】
日 時:12月4日(木)19時~20時15分
テーマ:「ブランド解剖、その測定と評価の試み」
講 師:甲斐良隆・経営戦略研究科教授

【第3回】
日 時:12月11日(木)19時~20時15分
テーマ:「ダイエーの再生その後」
講 師:平木多賀人・経営戦略研究科教授

【第4回】
日 時:12月18日(木)19時~20時15分
テーマ:「データから読む2009年証券市場の行方」
講 師 :岡田克彦・経営戦略研究科准教授

◆会場はすべて、大阪梅田キャンパス1004号教室。(アプローズタワー10階:大阪市北区茶屋町19ー19)
◆問い合わせ:経営戦略研究科(0798―54―6572)