2008.11.08.
ワークライフバランスをテーマにシンポジウム開催

 大学における育児施設の必要性や、日本企業における育児支援の現状とその必要性について議論するシンポジウムを開く。
 元・厚生労働省兵庫労働局雇用均等室長で現在パナソニック(株)で労働環境問題を担当している中村みどり氏、同志社女子大学で育児問題を担当し民間保育施設との提携を実現した笠間浩幸氏をパネリストに迎える。コーディネーターは西村智・関西学院大学経済学部准教授(労働経済学・ワークライフバランス専攻)。
 一般参加も歓迎。無料、申込必要。

【シンポジウム 関西学院におけるワーク・ライフ・バランス―育児施設を考える】
■日時:11月28日(金)17時20分~18時50分
■場所:関西学院 西宮上ケ原キャンパス 大学図書館ホール
     ※神戸三田キャンパスI号館第1会議室でも遠隔システムで聴講可能。
■主催:関西学院教職員組合協議会

【パネリスト】
中村みどり 氏(パナソニック(株)労政グループ均等雇用担当部長)、笠間 浩幸 氏(同志社女子大学教授)、
西村 智 氏(関西学院大学経済学部准教授)

■問い合わせ・申込:電話:0798–52–6429(組合事務室)