2008.10.02.
「発生・再生と環境応答」をテーマにシンポジウム-理工学部生命科学科・生命医化学専攻開設を記念し

 関西学院大学は、理工学部生命科学科・生命医化学専攻の開設(09年4月)を記念し、最近のトピックスである「発生・再生と環境応答」をテーマにシンポジウムを開催する。
 ES細胞や万能細胞の研究を支えているのが発生・分化・器官形成の研究であり、また、細胞の分裂や増殖の調節機構の解明もこの分野には不可欠。この分野で活躍している著名な研究者を招き、講演する。
 また、同時に関西学院大学の研究も紹介する。学生、大学や企業の研究者など、この分野に興味を持つ人たちの参加を歓迎。無料、申込が必要。

【発生・再生調整と内・外環境】
■日時:11月3日(月)9時55分~17時
■会場:東京大学武田ホール(本郷キャンパス浅野地区 武田先端知ビル内)
■交通:東京メトロ千代田線「根津駅」徒歩5分、東京メトロ南北線「東大前駅」徒歩10分
■参加費:無料
■主催:関西学院大学
■後援:東京大学工学系研究科総合研究機構社会連携室
     関西学院大学理工学部、関西学院大学研究推進社会連携機構