2008.09.16.
第2回言語コミュニケーション文化セミナー、言語コミュニケーション文化研究科入試相談会開催

 大学院言語コミュニケーション文化研究科では、以下のとおりセミナーと入試相談会を開く。申し込み不要、無料。

【日時】10月25日(土) 13:00~16:00
【会場】 大阪梅田キャンパス(アプローズタワー10階)
    大阪市北区茶屋町19-19 阪急電鉄「梅田」駅茶屋町出口から徒歩3分

【内 容】
◆言語コミュニケーション文化セミナー (13:00~14:20、1004教室)
テーマ:動詞の物語
講 師:于 康(言語コミュニケーション文化研究科教授)
講演概要:
 日本語の動詞には、自動詞と他動詞がある。また、動詞のペアの有無から、自動詞と他動詞は有対動詞と無対動詞に分類できる。更に、ガ格で示す名詞の性格により、自動詞は、非能格自動詞と非対格自動詞に分けられる。日本語非母語話者の学習者にとって、日本語の動詞はわかりにくい。たとえば、「走る」は自動詞なのに、なぜ「廊下で走っている」と言わず、「廊下を走っている」と言わなければ不自然なのか、なぜ「この病気はいくら薬を飲んでも治すことが出来ない」と言えるのに、「この病気はいくら薬を飲んでも治ることが出来ない」といういい方が不自然なのか、故意に落としたことではないのに、なぜ「電車で財布が落ちた」と言わず、「電車で財布を落とした」と言わなければならないのか。
 また、「動詞+動詞」からなる複合動詞は、「押し上げる」「持ち上げる」なら問題なく理解できるが、「読み上げる」や「泳ぎ上げる」になると、何があげられるのかが学習者にはなかなか理解できない。今回の講演は、日本語の動詞のミステリーを皆さんと一緒に探ってみたい。

◆入試相談会 (14:30~16:00、1005教室)
内 容:全体説明および院生による研究科紹介、個別相談
配付物:入試要項、入試過去問題など

【問い合せ先】言語教育研究センター 研究科係(TEL.0798-51-0907)

なお、学内入試説明会も開催します!
【日時】10月30日(木) 12:50~13:20
【場所】西宮上ケ原キャンパス・G号館119号教室
【内容】全体説明および院生による研究科紹介、個別相談
【配付物】入試要項、入試過去問題など