2008.09.10.
「まちの寺子屋師範塾」の受講生募集

 兵庫県と県内の13大学は共同で地域の子育て支援を進める「まちの寺子屋プロジェクト」を推進しています。その一環として、各大学では 「まちの寺子屋師範塾」 を開講しており、各講座の修了者には「寺子屋師匠認定書」を交付しています。
 関西学院大学では10月から「子どもたちとIT」と題した講座を下記のとおり開講します。ご希望の方は下記のちらしをご参照のうえ、お申し込みください。定員(30名)になり次第、締め切りとさせていただきます。受講料は無料です。

■講座名:子どもたちとIT(全5回)
■概 要:現在の子どもたちの生活から切り離すことのできないインターネットやケータイなどのメディア、テレビ、DVDによるアニメ、マンガなどの映像コンテンツの影響や可能性、問題点について学びます。
■申し込み・お問い合せ先:
<参加申し込み、講座内容に関すること>
 関西学院大学研究推進社会連携機構
 電話:0798-54-6890 ファクス:0798-54-6905
<まちの寺子屋師範塾事業に関すること>
 兵庫県健康福祉部企画少子局少子対策課
 電話:078-362-4183 ファクス:078-362-3011

■各回の日時と講師、テーマ
*場所はいずれも関西学院大学西宮上ケ原キャンパス大学院1号館205号教室
<第1回>
日 時:10月11日(土)13時~14時
講 師:奥野卓司・関西学院大学社会学部教授
テーマ:インターネットの近未来
<第2回>
日 時:10月18日(土)13時~14時
講 師:谷村要・関西学院大学社会学部非常勤講師
テーマ:阪神間の学校文化とアニメ
<第3回>
日 時:11月8日(土)13時~14時
講 師:工藤保則・龍谷大学社会学部准教授
テーマ:インターネット環境下の子どもたち
<第4回>
日 時:11月8日(土)14時30分~15時30分
講 師:工藤保則・龍谷大学社会学部准教授
テーマ:マンガ、アニメの子どもたちへの影響
<第5回>
日 時:11月15日(土)13時~14時
講 師:奥野卓司・関西学院大学社会学部教授
テーマ:アニメ、ゲーム、ケータイで育つ子どもの可能性と問題

講座ちらし・申し込み用紙 PDFリンク