2008.07.22.
子ども対象、遊びながら学べるキャンプ―8月22日~24日京都府の廃校で実施

 田村幸大さん(社4)は今年2月、子どもたちに遊びながら学びを提供する学生団体「Clover(クローバー)」を結成した。昨夏に小学校のキャンプの指導員補助をした時、「学生の立場で子どもたちを支えたい」と団体結成を考えた。コンセプトは、楽しさからの学びを提供する「楽学(がくがく)」。メンバーは、関学生のほか関西の大学生10人。4月には大阪で漫画を使って算数を学ぶイベントを実施した。好きな漫画を持ってきてもらい、ストーリーに隠れた算数の要素を一緒に探したり、漫画で図形を作ったりという斬新な企画が好評を得た。
 団体結成後初めての子供向けキャンプを、8月22(金)~24日(日)に京都府南山城村の小学校跡で実施する。事前に保護者向けの説明会も実施。小学1年生~6年生の35人を募集中。メンバー以外の学生や、安全面を考えて現役の消防士や栄養士、保健師もボランティアで参加する。
 キャンプでも、方言を使った授業や巨大日本地図パズルの作成など大学生が先生となって教科書を使わない授業やイベントを企画している。田村さんは「子どもたちと大学生、みんなで作るキャンプが目標です」と話している。
 キャンプへの参加申込は、 クローバーの HP を参照。8月3日(日)には、関学の大阪梅田キャンパスで参加者説明会を開催する。