2008.07.07.
人間福祉学部・社会起業学科1年生がアフリカの子どもたちに寄付する「10円応援キャンペーン」を実施!

 人間福祉学部社会起業学科の1年生約20人が、関学生協のリサイクル弁当容器の回収システムに協力、WFP(国連世界食糧計画)を通じてアフリカの子どもたちに寄付をする「10円応援キャンペーン」を実施している。
 学生たちは、英語の講義で国会の食堂で発展途上国の子どもたちに寄付をしているという英文の記事を読んだ。「自分たちも同じような活動ができないか」と話し合い、関学生協が取り組んでいるリサイクル弁当容器の回収システムに着目。容器を返却したら戻ってくる10円を寄付してもらうことにした。他学部の学生たちと協力して11日(金)13時から西宮上ケ原キャンパス学生会館前でイベントを実施し、容器のリサイクルと寄付を学内に広くPRする。
 受講生の井上雅瑛さんは「昼食を食べながら寄付ができ、なおかつリサイクルにもつながる」と学生たちに協力を呼びかけている。