2008.07.04.
関学ビジネス講座でコーチングを学ぶ―武田建・名誉教授、元アメフット部監督が講師

 関学ビジネス講座は、専門職大学院経営戦略研究科が実際の授業で展開している内容をベースに、そのエッセンスをビジネスパーソンのために研修プログラムとして提供するもの。その「MBAトピックス編」にコーチング理論で知られる武田建・関西福祉科学大学教授(関西学院大学名誉教授・元同大学アメリカンフットボール部監督)が登壇する。
 講座名は「行動科学から見たコーチング~日本一のアメリカンフットボールチームを育てた名将に学ぶ」。行動心理学を理論的な背景にしたコーチング論。動物実験にもとづく基礎的な理論を、スポーツのコーチングに例をとって、どうやって選手を指導し、組織を動かすかに焦点を当てる。選手と人間関係をつくり、「やる気」を起こさせ、選手が脱落しないように気配りをし、日本一にするには、根性論だけでは不可能。まず、達成可能な目標を与え、どうやるかを説明し、できたら少しずつ目標を高めてゆき、最終目標に到達するようにする。指導者がいくら素晴らしい知識をもっていても、それを部下に分かりやすく説明し、実行させなくては、知識はなんの意味もない。この講義では、ビジネス現場にすぐに応用できることとして、選手の指導に心理学をどう役立てたかを実例として紹介する。

■日時:7月26日(土)9時30分~13時
■場所:関西学院大学 大阪梅田キャンパス1405教室(アプローズタワー14階)
■受講料:12,000円 ※受講料には、懇談会(昼食)費を含みます
■定 員:30人
■申 込: 関学ビジネス講座HP から申込。
■問い合わせ:06-6362-1331