2008.05.15.
「日本人学習者の英文読解におけるスキーマ修正過程」学術講演会

大学英語教育学会(JACET)リーディング研究会主催講演会。文章を読み進める際、読み手はテクストからの情報のみだけでなく自身が有する知識(スキーマ)を使用する。講演では卯城祐司・筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授が、日本人英語学習者の読解中に行うスキーマ修正プロセスに焦点を当て講演する。文章が書かれている言語(日本語・英語)、英語(L2)読解熟達度、ワーキングメモリ容量の違いが、読み手にスキーマ修正プロセスにどう影響を与えるのかなどを検討し、特にスキーマ修正の「柔軟性」について論じる。

日時:6月8日(日)13時30分~15時
場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス10階1005教室
参加費:一般1000円、会員500円
申込み:不要
問い合わせ先: (nhase@kwansei.ac.jp担当:長谷尚弥)